【2人育児】5歳と0歳10ヶ月の奇妙な寝かしつけ

育児
この記事は約4分で読めます。

こんにちはぽっちです。4歳差姉妹を育てています。
今日は5歳の長女と10ヶ月の次女の寝かしつけ事情について紹介します。

前提条件

寝かしつけ時の状況とタイミングはこんな感じでした。

  • 2人を同時に寝かしつけ
  • 眠いけどまだ元気な状態
  • 風邪など体調不良ではな
  • 夫は不在

小さいときは次女を先に寝かせていましたが、10ヶ月になって起きてる時間が長くなってからは2人を一緒に寝かしつけることが増えてきました。

 

5歳と0歳10ヶ月の寝かしつけ

9:00 寝室へ移動
夜9時、パジャマに着替えて歯磨きをしたら寝室へ移動します。この時点で2人ともあくびをしたり目をこすったり眠そうにしていますしめしめ。これは楽勝か?

9:05 寝室で遊ぶ
寝室に入るとなぜかテンションマックスになる2人。

「とぉーーーーーうっ!!」

長女が布団に頭からジャンプして華麗なスライディングを決めました。
それを見た次女、ゲラゲラ笑いながらハイハイで追いかけていきます。

え?さっきまでの眠気はどこ行った?

9:10
ハイテンションでしばらく遊んでいると次女がお尻をぷりぷりさせながらまくらに顔を埋めるようになりました。これは眠気と戦っているのか?



9:15
さらに眠くなってきた次女、ハイハイしながらゴーロンゴーロンと転がりだしました。動きも鈍くなっています。そんな様子の次女を見て長女は大爆笑です。

9:20 消灯
次女の限界が近そうなので電気を消して追い込みます。電気を消しても二人とも動じる素振りもなくマイペースに遊び続けますく寝ろ〜


9:25 にゃんにゃんごっこ
早く寝たい母とは裏腹にまだまだ絶好調の2人。長女が突然

「にゃ〜〜ん にゃ〜〜ん」

と言い出しました。暗闇の寝室で突然にゃんにゃんごっこが始まりました。

「今日はにゃんちゃん保育園の運動会です。いちについてぇー、よぉお〜い…ッピ!!」

猫の声で1人運動会が開催されました。寝室中を猛スピードでハイハイしています。真っ暗な中でよくやるな次女は相変わらずハイハイとゴーロンを繰り返していますもはや小動物にしか見えない。

9:30
寝室に移動してから30分が経過しました。ごっこ遊びは続きます。

「風邪ひいたにゃん。お熱があるにゃん。」

布団にくるまってブルブル震えています。

(ほら、ママ!お見舞いに来て!)

小声で指示が入ります。

「(トントントン、ガチャ)お熱はどう?冷えピタ持ってきたよー。」

(勝手に開けちゃダメ!ノックしたら部屋の前で待ってて!)

5歳児のごっこ遊びは設定が厳しい。やり直しです。

トントントン。入ってもいい?」

「いいよ。熱で起きあがれないの。勝手に入って。」

しんどそうな声ではぁはぁ言いながら話しています。

「まぁ、しんどそうね。お熱早く下がるといいわね。はい、これ、冷えピタ。貼っとくと楽になるよ。」

調子を合わせてお芝居口調で話します。

「ありがと、ママ。」

「いいのよ。保育園には電話しておくから、今日は休んでゆっくり寝てね。」

「うん、分かった。」

「何かあったら呼んでね。それじゃあ、おやすみなさい。」

「おやすみなさぁい」

「ガチャ(扉を閉める音)。」

次の日〜とか言うのかな?と思ってしばらく待っていたら、スースーと寝息が聞こえてきました。おぉー!思ったより早く1人撃沈!やったー!

次は小さい方を寝かそうと反対側を振り返ると、次女さんすでにゴローンの態勢のまま静かに寝ていました。えぇー!いつの間に!?2人とも寝たー!やったー!!

時計を見ると9:40寝かしつけ所用時間は40分でした。

 

まとめ

振り返ると私は長女のごっこ遊びに声だけ参加したくらいでほとんど何もしていませんね。長女は大きくなって寝かしつけはほぼ必要なくなったのですが、1人ではまだ寝られないので付き添いだけしてる(そして寝るまで遊びに付き合ってる)ような感じです。女は2人目で放置気味に育てられてるので(汗)布団に転がしておくといつのまにか寝ていることが多いです。
もちろん体調やその日の機嫌にも左右されるのでもっと手こずることもあるし、もうちょっとで寝そうだなぁと思っていたら夫が帰宅して覚醒することもあります。。。
ただ小さいときに比べると時間はかかるけど寝かしつけといっても一緒にいるだけでほとんど何もしなくて良いので、楽になってきたなぁという印象です。

コメント