完母の2人目育児で良かったこと困ったこと。私が完母を続ける理由

育児
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、ぽっちです。
2人目育児が始まって半年が過ぎました。下の子は今のところ完母で育っています。この記事では2人目育児を完母にして良かったことと困ったことをまとめました。

また最後に私が完母を続ける理由はこれかな?と思うことも正直に書いてみました

良かったこと1:睡眠コントロールがしやすい

おっぱいって最強の寝かしつけグッズだと思っていて、「そろそろ寝て欲しいなぁ~」と思ったら長めに吸わせて、「今はまだ寝て欲しくないなぁ~」という時は短めに切り上げたり、赤ちゃんの睡眠コントロールがしやすいんですよね。

特に風邪気味で鼻水が出ているときは寝つきが悪くてグズりがちなので、そんなときは添え乳でおっぱいをあげると鼻呼吸することで鼻通りも改善されるし、そのまま寝てくれるので最高に楽チンな寝かしつけができるので助かっています。

良かったこと 2:ミルク代がいらない

金銭面のメリットもありますよね。ミルクって結構高いじゃないですか・・・。それが完母なら全くかからないので、かなり経済的で家計に優しいなと感じています。

良かったこと 3:お出かけの時の荷物が少ない

ママ(おっぱい)があればなんとかなるので、哺乳瓶やミルク、お湯など持たなくて良い分だけ、お出かけの時の荷物が少ないのもメリットですね。最近は授乳室も増えてきて、授乳ケープを忘れても授乳する場所に困らないのも嬉しいです。

良かったこと 4:赤ちゃんを待たせなくて良い

ミルクを作るのって時間かかりませんか?私は不器用なので、粉ミルクを哺乳瓶に入れるときにこぼしたり、人肌まで冷めなくてイライラしちゃいます。母親の本能なのか、赤ちゃんが泣いてるとすごく焦るんですよね。早く泣き止ませないと!と脳が勝手にヒートアップする感じ。焦ると余計うまくできなくて悪循環。でも母乳だとおっぱい出すだけなので、泣いてる赤ちゃんを待たせなくて良いし、不器用な私の精神衛生的にも良いなと感じます。

ただ最近は液体ミルクが販売されていて、哺乳瓶に移すだけで飲ませられるので、これなら不器用な私でもササっと出来そうです。災害備蓄用にも良さそう。


明治 ほほえみ らくらくミルク 240ml 常温で飲める液体ミルク 【0ヵ月から】×24本

困ったこと1:授乳中の上の子のフォロー

下の子を完母にして一番困ったのは「授乳中の上の子のフォロー」です。特に月齢が小さいうちは2時間おきの授乳で授乳時間も30分ほどかかることもあり、その間ずっと上の子と遊べないのはさすがに可哀想に思いました。

対策として私は、下の子が低月齢のうちは授乳中も上の子の遊びに付き合っていました授乳クッションを使えば片手が空くので座ってできる遊び(ブロックやおままごと、お人形ごっこなど)を一緒にしていました。

月齢が上がれば授乳時間も授乳回数も少なくなるのでだいぶ楽になりました。

困ったこと 2: 預けられない

完母で一番困るのは人に預けられないことですね。特に体調が悪くて休みたいときでも授乳はしなければいけないので、思うように休めないのが辛い所です。

また2人目となると上の子と2人で一日遊びに出かける、ということも下の子の授乳があるとできないので、上の子に我慢させてるなと感じます

ただこれは搾乳して冷凍すれば良いので、どうしても預けないといけないときは冷凍母乳で対応しています。(完母に拘りがなく、ミルクを飲んでくれればミルクでも良いのですが、完母で育てているとミルクを受けつけないので、搾乳で対応しています。搾乳している姿が牛みたいで嫌なんですけどね。。。)

困ったこと 3: 寝不足になる

母乳はミルクより腹持ちが悪いので夜中に何度も授乳しなければならず寝不足になります。さらに上の子のときは添い乳をしていたので、月齢が上がって離乳食が進んだ後も、口寂しい?のか夜中にちょこちょこ起きていました。

困ったこと 4: 断乳が大変

母乳っ子だと断乳が大変です。栄養的には問題なくても気持ちはまた別。ママ(おっぱい)が好きな子ほど大変ですね。上の子の時は仕事をしていて、夜中の授乳に耐えきれず断乳したのですが、おっぱいを探して大泣きする姿は今でも覚えています。卒乳まで待つという選択肢もあるので、特別な理由がなければ無理に断乳しなくても良いかもしれません

まとめ(私が完母を続ける理由)

私が感じる完母の2人目育児のメリットとデメリットについて書きました。もちろん母乳で育てるのが正しい!とかそんなことは全然思ってなくて、ミルクでも混合でもどちらでも良いと思います。切なのはママが納得して、幸せな気持ちで赤ちゃんに向き合うこと。そのために旦那さんや周りの理解とサポートがあれば完璧ですね

最後にぶっちゃけた話をすると、私、元々超貧乳だったんですよ。なので自分のおっぱいに全く自信がなくて、むしろコンプレックスで、男の人と付き合うのもなんだか申し訳ないというか、小さくてごめんなさい、みたいに思ってました。

そんな肩身の狭かった私のおっぱいが、赤ちゃんを産んだとたん大活躍じゃないですか!!私のおっぱいがこんなに必要とされることなんて、今までの人生で一度もなかったし、きっとこれからの人生でもないと思うんですよ。

授乳中の赤ちゃんの幸せそうな顔を独占できるし、何より愛しい我が子が私のおっぱいをこんなにも必要としてる!!誰かの役に立つのは人として嬉しいことです。それがコンプレックスだったもんですからなおさらなのです。正直、私が完母を続ける一番の理由はこれかなーと思います。

なんか最後にものすごくしょーもないこと書きましたが、この記事が誰かの参考になれば(なるのかな?!)幸いです。

コメント