0歳で保育園に入園して感じたメリットとデメリット

育児
この記事は約4分で読めます。

まだ言葉も話せない0歳の赤ちゃんを保育園に預けることに抵抗がある親は多いですよね。私は娘を生後7か月で保育園に預けて仕事に復帰しました。入園までの経緯や保育園選びのポイントはこちら
この記事では、0歳から保育園に入園して感じたメリットとデメリットについてご紹介します。

0歳で保育園に入園するメリット

生活リズムが安定する

保育園で集団生活を送るようになると、毎日決まった時間にお昼ご飯を食べて、お昼寝して、起きたらおやつを食べて、と生活のリズムが安定します。
また仕事時間に合わせて朝の起床時間や夜の就寝時間も半強制的に決まるので、平日は毎日同じリズムで過ごせるようになります。
毎日同じ時間に起きて、食べて、寝ていると、子どもはそのリズムに順応して、離乳食のタイミングや寝かしつけが楽になります。

慣れるまでが早い

月齢が小さいうちから保育園に預けることで、保育園での生活に慣れるのがとても早いです。朝のお別れのときに泣かれたことはもちろんありますが、赤ちゃん時代のことはすぐに忘れてしまうので、慣れてしまうと1日中ご機嫌で過ごせるようになります。

周りのお友達に影響を受けて発達が促進される

これは集団生活ならではのメリットだと思うのですが、いつも周りにお友達がいるので、自然と興味を持つようになり、お顔を触りあったり、ハイハイ競争のようなことをしているうちに発達が促されます。我が子も保育園に入園後すぐにハイハイやつかまり立ちをするようになり、こどばもどんどん増えて毎日ものすごいスピードで成長していました。

月齢にあった遊びをさせてくれる

体を使ったリズム遊びや外遊び、手作りのおもちゃや絵本の読み聞かせなど、保育園では月齢にあった遊びをたっぷりさせてくれるのもありがたかったです。
言葉も離せない赤ちゃんとどんな風に遊んであげればいいのか分からず、いつも悩んでいたので、親にとっても勉強になることがたくさんありました。
毎日の連絡帳やお迎えの時に担任の先生から「今日はこんな遊びをして、とても喜んでいましたよ」とか、「○○ちゃんはこのおもちゃがお気に入りでいつも集中して遊んでいますよ」とか話してくれるのを聞くのが楽しみでした。

育児の不安や離乳食の進め方についてアドバイスをもらえる

「離乳食の途中で遊び始めてしまう」「夜に乾いた咳が出てる」など育児中の心配事はつきることがありません。でも保育園に通うようになって、保育のプロである先生方が毎日子どもを見てくれてアドバイスをくれるので、強力な助っ人ができたようでとても心強かったです。
「小さな子供を長時間預けて愛情不足にならないか心配です」と正直に相談したときも「愛情は量より質が大切なので、短時間でも子供としっかり向き合って密度の濃い関わりをすれば大丈夫です!お母さんがいない間は私たちもお母さんの代わりにしっかり関わりますから。」と言ってもらったことで、気持ちがとても楽になりました。

仕事にスムーズに戻れる

産休と育休を合わせて1年以内に仕事に復帰したので、産休前と同じ職場に戻ることができました。そのため仕事内容も覚えていることが多く、短期間でスムーズに仕事を再開でき、即戦力として活躍できたことがモチベーションアップにつながりました。子どもの病気等で急に休むことも多かったですが、人間関係も元々できていたので、周りにフォローしてもらいやすかったのも助かりました。

0歳で保育園に入園するデメリット

病気が増える

最初の1年はびっくりするくらいよく病気になりました。幸いインフルエンザなどの感染症にはかかりませんでしたが、常に風邪をひいて鼻水や咳が出ているような状況で、すっかり小児科の常連になってしまいました。小児科の先生に「病気になりたくないなら保育園に預けないことだね」と冷たく言われてしまったこともあります。また、病気がなかなか治らず予防接種をスケジュール通りに進められないことも多々ありました。
ですがこれは1歳や2歳で保育園に預けても同じだったと思います。また、小さいうちにたくさん病気になることで免疫ができるのか、大きくなってからはほとんど風邪をひかないようになりました。

成長を見逃すことがある

ハイハイした、つかまり立ちした、一人歩きした、など0歳時代の貴重な「はじめての瞬間!」に立ち会えないことがありました。ですが私は、自分が見た瞬間がはじめて、と割り切って成長を喜ぶようにしました。

時間に追われる

これは主に親が感じることですが、とにかく時間がなかったです。朝から晩までいつもバタバタしていて、ゆっくりできるのは通勤の電車の中と、仕事のお昼休憩時間くらいでした。
その頃の1日のタイムスケジュールについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

まとめ

保育園に預けて感じたメリットとデメリットをまとめてみました。あくまで私が感じたことで、子どもの性格や預ける保育園によって違いはあると思います。ですが私は保育園に預けて良かったと感じています。はじめての育児でどうすればいいのか分からずいつも不安だったので、プロの保育士が毎日見てくれてアドバイスをくれることが安心につながりました。また一番良かったことは、子どもがよく笑い、元気に成長してくれたことです。次の記事では愛情不足にならないための対策についてご紹介します。

コメント