【4歳差育児】上の子優先って難しい!と思った寝かしつけのエピソード

育児

下の子が産まれたら上の子を優先しましょう」というのは育児本でよく見かけるフレーズですし、病院の退院指導でも助産師さんから同じことを言われました。ですがいざやろうとするとこれがなかなか難しい!今回はそんな上の子を優先するつもりが上手くいかなかったエピソードを紹介します。

4歳と新生児の寝かしつけってどうするの?

下の子が産まれるまでの寝かしつけ

下の子が産まれるまでの寝かしつけは、トイレに行ってから寝室を真っ暗にして2人で同じお布団に入り、背中や足をぽりぽりしながらお話しつつ寝入るというのが定番のスタイルでした。

この”お話しながら”というところがミソで、静かに話すというよりは今日あったことや今思いついたことや即興の歌などを割と大声のハイテンションでひとしきり話続けます。そして満足するとスッと寝入るのです。

ここに新生児が加わり2人の寝かしつけがスタート

下の子が産まれてからは、大人用布団の隣に赤ちゃん布団を敷き、先に赤ちゃんを授乳で寝かせてから、いつも通り上の子の寝かしつけをしようと考えていました。

ですが物音に敏感な赤ちゃんは上の子の話し声で起きて泣き出してしまいます。そして赤ちゃんが泣いていると泣き声が気になって上の子も寝ないという悪循環になり、寝かしつけがいつまでも終わりません。

夫がいる日は赤ちゃんを夫に任せて上の子を優先できますが、一人で二人を寝かせる日は
なかなか上手くいきません。

結局、下の子を抱っこしてゆらゆらしながら寝かせて、上の子には一人で寝てもらうことになります。

もう4歳なので「おやすみなさい」と言ってひとりでも寝れますが、我慢させていることに変わりはないので申し訳なく感じています。

上の子を優先するための対策

これでは上の子が「お母さんを赤ちゃんにとられた」と思って不安定になってしまいそうなので対策を考えました。

  1. 夫になるべく早く帰ってきてもらう
  2. 下の子の授乳時間を長めにして深く眠るまで待つ
  3. 下の子を抱っこする前に上の子をギューっと抱きしめる

夫がいる日は赤ちゃんを見てもらってる間に上の子にゆっくり向き合えるので、夫がいる状況がベストです。ただ夫は仕事が忙しく、毎日早く帰ることは難しいため、どうしても1人で2人を寝かしつける日が多くなってしまいます。
ちなみに、夫が帰るまで寝かしつけをしない、という方法もあますが、それだと寝る時間が遅くなり生活のリズムが崩れるので却下です。


二つめの方法は、寝かしつけのときの下の子の授乳時間を長くするというものです。眠りが浅いとすぐに目を覚ましてしまいますが、ぐっすり寝てるときなら多少の話し声では目覚めないので深く寝入るまで授乳します。

ただこの方法にも難があって、授乳中は常に近くに上の子がいて、あれこれ話しかけたり、下の子の頭を撫でたり、すぐちょっかいをかけてくるのでなかなか深く寝入ることができません。


三つめの方法は、下の子を抱っこで寝かせる前提で、その前に上の子をギューっと抱きしめたりチューしたりしてスキンシップを取って少しでも愛情を感じてもらう作戦です。最終的には上の子に1人で寝てもらうことになり、我慢させることになるので、上の子を優先できてないのですが。。。

でも正直今のところは方法3でしか2人の寝かしつけに成功していません。。。うーん。。。難しい!!

二人育児はまだ始まったばかりなので、これからも色々試行錯誤してもっと良い方法がないか試してみたいと思います!

また寝かしつけ以上に苦戦しているのが、夜中にどちらかが起きるともう片方も起きてしまうという現象なのですが、これについてはまた別の記事で書きたいと思います。

コメント