新生児訪問に来てもらったので内容や所要時間のメモ

育児

次女が生後1か月の頃、市の保健師さんから連絡があり、新生児訪問をさせて欲しいと言われました。電話で話したときは「所要時間は1時間程度で、赤ちゃんの体重を測ったり、予防接種のお話をします。」とのことでした。正直、2人目で予防接種のことは大体分かるし、赤ちゃんの体重もそこまで気にならないけれど、「断るのも面倒だし、まあ、いいっか。」と来てもらうことにしました。

上の子が保育園に行っている時間の方が良いと思い、午前中の10時に予約しました。

ですがその頃は毎日とにかく寝不足で、新生児訪問のときも次女はスヤスヤ寝ていたので「あぁ、この時間、一緒にお昼寝できたのに〜。貴重な睡眠時間が。。」と断らなかったことを後悔していました。

約束の時間の5分前に来た保健師さんは40代後半のとても感じの良い方でした。お客さんではないのでお茶は出しませんでしたが、感覚的には「育児のプロが家に遊びに来た」くらいの気軽になんでも話せる雰囲気でした。

はじめに母子手帳を見ながら出産のときのことや、育児の状況について聞かれました。具体的には以下のような感じでした。

  • 出産時間はどれくらいか?
  • 出産体重や吸引分娩の有無
  • 産後の体調はどうか?
  • 母乳のトラブルはないか?
  • 育児や家事を手伝ってくれる人はいるか?
  • 夫以外に頼れる人はいるか?

他にも15問くらいのアンケートを書くように言われました。内容は

「普段通り笑うことができますか?」
「赤ちゃんを可愛いと思いますか?」

産後うつや虐待の兆候を確認するようなものばかりした。
同じようなアンケートは入院中や1か月検診のときにも書かされていたので「またか!!」と思いましたが、素直に書きました。

ひと通り質問が終わったあとは、予防接種のスケジュール4か月検診の説明育児関連の冊子をもらいました。このあたりも、1か月健診や出生届を市役所に出しに行ったときに市の職員から同じような説明や冊子ももらっていたので「またか!!!(2回目)」という感じで(汗)、真新しい情報はありませんでした

聞きたいことはありますか?と言われたので、夜間救急の場所や、利用の目安について教えてもらいました。

他にも兄弟育児について気になっていたことをいくつか質問しました。保健師さんはプライベートでは3人の子供がいるらしく、「そういうことあるよね、分かるわかる」と言ってもらったり、兄弟育児の話を聞かせてもらったりしました。

最後に赤ちゃんの体重と身長、頭位などを測定して、全身のチェッを入念にして(虐待の確認?)終わりました。

所要時間は40分ほどでした。

◆新生児訪問を終えた感想◆

 正直、知ってる内容や1か月検診などで説明を受けた話がほとんどだったので、やっぱり断っても良かったかなと思いました。ただ、うちに来た保健師さんは感じの良い気さくな人で、兄弟育児の体験談や、私が住んでいる地域の話を色々と聞けたのが楽しかったです。また赤ちゃんの発育についても、全身を丁寧に診てもらって「順調ですね」と言ってもらえたので、安心できました。

◆他にもこんな記事を書いてます◆

コメント