【0歳~1歳】働くママと娘の1日のタイムスケジュール(平日編)

育児
この記事は約3分で読めます。

娘は月齢の関係で生後7ヶ月頃から保育園に通っていました。
この記事ではそんな我が家の平日の1日のタイムスケジュールをご紹介します。

前提条件

保育園に通い始めた頃の環境はこんな感じでした。

  • ママは6時間の時短勤務
  • パパは単身赴任で不在
  • 娘は授乳中(~1歳3か月頃まで)

朝のタイムスケジュール

時短勤務で働く私とまだ授乳中だった娘の朝のタイムスケジュールはこんな感じでした。

断乳するまでは夜中に2~3回の授乳をしていて常に細切れ睡眠で寝不足でした。またときどき夜泣きもあり、授乳しても落ち着かないときは抱っこしてゆらゆらしたり、抱っこひもで部屋の中をうろうろしながら寝付くのをひたすら待っていました。
朝は娘より1時間早く起きて朝食の準備と自分の身支度を済ませます。ですが娘も一緒に起きてしまうことも度々あり、そんなときは娘を抱っこして朝食の準備をしていました。
朝をスムーズに過ごすための工夫としては、

  • 次の日の準備(保育園バッグ、服など)は前日にしておく。
  • 朝食は晩ご飯のおかずを使い回して10分以内に出せるものにする。

というようなことをしていました。

夕方のタイムスケジュール

16時に仕事を終えてから寝るまでのタイムスケジュールはこんな感じです。


文字通り「定時ダッシュ」で最寄駅まで走って電車に駆け込み、保育園のお迎えに行っていました。帰宅後に授乳をすると娘が寝るので、その間に夕飯の準備をしていました。
夜の寝かしつけに響くため、長くても夕方のねんね時間は30分ほどで起こすようにしていました。
18時以降は怒涛のように夕飯、お風呂、寝かしつけをして、20時には寝室を暗くして授乳しながら寝かしつけていました。
その後、洗濯や洗い物などの家事と次の日の準備をして、ようやく自分の時間です。自分用に買っておいたおやつを食べたり、録画したドラマを見たりしてのんびり過ごします。
11時~12時の間に娘が起きるのでそれを合図に授乳をしてから寝ます。

まとめ

自分で決めたこととは言え、娘を0歳で保育園に入れることについてはずいぶん迷いました。慣らし保育中に風邪をひいて1週間お休みしてしまったときは、「やっぱりまだ早かったかな」と後悔もたくさんしました。ですが保育園に慣れてくると生活リズムが一気にできあがり、お友達とニコニコ楽しそうに過ごす姿を見て安心しました。
0歳児から入園させることについては賛否両論あると思いますが、娘には保育園が合っていたように思います。私も産休から1年以内に仕事復帰できたことでほとんどブランクを感じることなく仕事に戻ることができたので、結果的には良かったと思います。

◆こちらもどうぞ

コメント