【36週,37週,38週,39週】二人目妊娠10か月の体調と健診の記録

妊娠

妊娠10か月はついに臨月です。2週に1回だった妊婦健診が週1回になり、NSTで毎週赤ちゃんの様子を確認できるようになります。また妊娠37週からはいつお産が始まってもいい正産期に入ります。いよいよ赤ちゃんに会えるとドキドキワクワクの妊娠10か月の体調と健診の記録をまとめました。

妊娠10か月のお腹の変化

妊娠10か月の36週と39週の横から見たお腹を比べてみると、4週間でお腹がさらに前に張り出しています。妊娠36週でも前に出ていると思っていたお腹ですが、妊娠39週と比べるとかなり小さく見えます。また妊娠39週では皮膚が伸びて血管が浮き出ています。

妊娠10か月の体重の推移

体重は右肩上がりに増加し、妊娠39週で妊娠前からプラス9キロ増でした。

妊娠10か月の妊婦検診の記録

妊娠36週目、NST始まる、恥骨痛の原因は?

血圧97/62
体重61.5kg
赤ちゃんの推定体重2442g
赤ちゃんの体勢頭位

妊娠36週の健診ではエコー前に1時間ほどNSTでお腹の張りを観察しました。その後エコーと内診がありました。NSTで計測したお腹の張りは1回くらいで、赤ちゃんの頭は下の方にあるものの「まだ産まれる気配はないね」とのことでした。

歩くときの恥骨痛について聞いてみたところ、赤ちゃんの頭が恥骨に当たっているのが原因なので産まれるまでは仕方ないと言われました。腹帯トコちゃんベルトなどで楽になる人もいるから試してみるようにアドバイスをもらいました。

妊娠37週目、子宮口1.5cm、お尻のヒリヒリした痛みの対策は?

血圧102/54
体重62kg
赤ちゃんの推定体重2649g
赤ちゃんの体勢頭位

妊娠37週の健診はNSTとエコーと内診がありました。NSTで計測したお腹の張りは2~3回くらいで、赤ちゃんの頭は下の方にあり少しずつ子宮口は開いてきているけれど「産まれるまではまだかかるかな」とのことでした。赤ちゃんはよく動いていて元気だと言えてもらい安心しました。

お風呂上がりなどに感じるお尻のヒリヒリした痛みについて聞いたところ、赤ちゃんの頭が下がってきている影響か、かぶれて赤くなり皮がめくれていると言われました。ただ、おりものも増えていてお薬を塗ってもすぐに流れてしまうので、産まれるまでは仕方がないと言われました。もしおりものシートなどを使っているなら歩いているときに擦れて悪化するのでやめたほうが良いとのことでした。

妊娠38週目、子宮口2.5cm、出血はおしるし?グリグリ内診の影響?

血圧103/60
体重62.4kg
赤ちゃんの推定体重2727g
赤ちゃんの体勢頭位

妊娠38週の健診はNSTとエコーと内診がありました。NSTで計測したお腹の張りは2回くらいで、子宮口は柔らかくなって開いてきてるので「赤ちゃんのタイミングで陣痛が来たらもういつでも産まれそう」とのことでした。

内診ではかなり強め(に感じる)にグリグリと子宮口を刺激していました。その夜~明け方にぽたぽたと鮮血の出血があり、お腹の張りも頻繁にありましたが、おしるしか内診の影響かよく分かりませんでした。

健診の次の日の夕方からお腹の張りと下腹にグリグリ刺さるような痛みを感じました。また夜からは定期的なお腹の痛みを感じたため、「ついに陣痛か?」と思い病院に行って入院までしましたが、明け方には遠ざかってしまいました。。。詳しくはこちらの記事で書いています。

妊娠39週目、子宮口3.5cm、陣痛はいつ・・・?

血圧110/69
体重62.8kg
赤ちゃんの推定体重2836g
赤ちゃんの体勢頭位

妊娠39週の健診もNSTとエコーと内診がありました。NSTで計測したお腹の張りは2~3回くらいで、子宮口はかなり柔らかくなって子宮口も開いてきてる、赤ちゃんの頭も下がってきているけれど、「お腹が痛くないと産まれないからねぇ・・・。」と言われて終わりました。赤ちゃんは相変わらずよく動いていて元気そうでした。

この頃には毎日のように夕方頃~夜中にかけてお腹の強い張りと下腹や恥骨をグリグリと突き刺さるような痛みを感じるようになっていました。生理痛のような鈍痛や定期的にお腹が痛くなることも度々あり、「前駆陣痛なの?本陣痛なの?」とそわそわ落ち着かない日々でした。

まとめ

臨月は出産に向けてそわそわした毎日を送っていました。また前駆陣痛に悩まされる日々が続き、赤ちゃんに会えることを楽しみにする一方で、陣痛がいつ、どのタイミングで始まるのか気になってしまい、落ち着かない日々を過ごしていました。

コメント