【16週,17週,18週,19週】二人目妊娠5か月の体重と健診の記録

妊娠

待ちに待った妊娠5か月は妊娠中期に入り、一般的に安定期と呼ばれる時期です。そんな2人目妊娠5か月の体重や健診の記録をまとめました。

妊娠5か月の体重の変化


つわりが落ち着いたことで一気に体重が増え、5か月末の時点で妊娠前から約2キロの増加でした。

妊娠5か月の妊婦健診の記録

妊娠19週目の健診で測定した血圧、体重、赤ちゃんの推定体重は以下のとおりでした。

血圧 97/51
体重 55.4kg(妊娠前から+2.4kg)
赤ちゃんの推定体重 275g
赤ちゃんの体勢 逆子

前回の健診から4週間ぶりの妊婦健診。まだ胎動もあまり感じない時期なので赤ちゃんがどうしているかとても気になっていました。健診は経腹エコーと内診でした。
 心臓の部屋が4つに分かれていることを確認しました。指摘事項はありませんでした。

下腹でもぞもぞ、もしかして胎動・・・?

妊娠16週頃、夜寝る前や仕事中、下腹でわずかにもぞもぞとした動きを感じることがました。感覚的にはめだかや金魚のような小さな魚がお腹をつんつんしているような、神経を集中させないと感じないほどの小さな動きでした。もしかして胎動?!と嬉しくなる反面、1日に何度か感じる日と全く感じない日があり、赤ちゃんは無事なのか不安になることもありました。

お腹がふくらみマタニティウェアを購入

またこの頃には服の上からでもお腹のふくらみが少し分かるようになり、お腹を締めつけないようにマタニティパンツやウエストがゴムタイプのイージーパンツを履くようになりました。また胸も張ることが増えたため、ノンワイヤーのブラジャーをつけていました。

こちらのマタニティレギンスはベア天竺で履き心地がよく、臨月まで履いてましたが、お腹まわりもきつくないのでおすすめです。

上の子の相手、どこまで付き合う?


妊娠17週頃にはつわりはすっかり落ち着いたため、保育園の送り迎えや、土日に娘と一緒にお出かけに行けるようになりました。今まで我慢させていた分、一緒に遊んであげたい気持ちはありましたが、元気満々の3歳児の相手は体力勝負で、1日付き合うとぐったりしてしまうため、2人でお出かけすることは控えて夫か母に付き合ってもらい、しんどくなったら椅子に座って休むようにしました。

マイナートラブル、腰痛、夜中のトイレ、寝不足で集中力不足も・・・


妊娠18週頃から夜中にトイレに行く回数が増えるようになりました。またお腹が急に膨らんで体が慣れていないのか、夕方以降は毎日のように腰痛に悩まされました。あまりに痛いときは夫にマッサージしてもらいました。上の子も一緒にトントンしてくれました。
 寝不足が続き日中の集中力が途切れることも多く、仕事中に些細なミスが増えるようになり、怒られることが続きました。ちょうど繁忙期で仕事量も増えていたため、残業することもありました。集中したいのにミスが続いて怒られることが続くと、モチベーションが下がってしまい、思うように仕事がはかどらないことがストレスでした。

まとめ

妊娠5か月は体調が比較的安定してつわりの時期に比べると日常生活が送れるようになった時期でしたが、お腹がふくらんで、胸が張ったり腰痛が出たりとマイナートラブルもありました。

◆こちらもどうぞ◆

コメント