【28週,29週,30週,31週】二人目妊娠8か月の体重と健診の記録

妊娠


妊娠8か月から妊娠後期に入ります。妊婦健診が4週間に1回から2週間に1回になり、今までより頻繁に赤ちゃんの成長を確認できるようになります。
そんな2人目妊娠8か月の体調と健診の記録をまとめました。

妊娠8か月のお腹の変化


妊娠8か月の28週と31週の横から見たお腹を比べてみると、4週間でお腹がドーンと前にせり出してきていて、お腹が下に下がってきていることがわかります。

妊娠8か月の体重の推移 

体重増加は30週をピークにわずかに減少し8か月末の時点で妊娠前体重より6キロ増でした。

妊娠8か月の妊婦検診の記録

妊娠8か月では妊娠29週と妊娠31週に妊婦健診を受診しました。

妊娠29週目、赤ちゃんが横向き?貧血対策は?

健診時に測定した血圧、体重、赤ちゃんの推定体重は以下のとおりでした。

血圧 91/56
体重 59.1kg(妊娠前から+6.1kg)
赤ちゃんの推定体重 1240g
赤ちゃんの体勢 横位

健診は経腹エコーと内診でした。 この頃よくお腹が横に張り出したように斜めに傾いているように感じることがよくありましたが、エコーで見ると赤ちゃんが横向きになっていました!週数にしてはやはり小さめなので、自由に動き回っているのだろうということでした。また横向きの体勢だとお腹が張りやすいため気をつけるようにと言われました。

妊娠31週目、子宮頚管が短くなるのは大丈夫?

健診時に測定した血圧、体重、赤ちゃんの推定体重は以下のとおりでした。

血圧 101/62
体重 59.4kg(妊娠前から+6.4kg)
赤ちゃんの推定体重 1725g
赤ちゃんの体勢 頭位

健診は経腹エコーと内診でした。 赤ちゃんは元気に動いていて、体重もよく増えていました。母体の体重はあまり増えていなかったので質問してみたところ、母体の体重と赤ちゃんの成長は比例しないとのことでした。内診では子宮頚管の長さが少し短くなっていると言われ焦りましたが、週数を考えれば問題なしとのことでした。

腰痛改善のお助けアイテムはドーナツ型クッションとトコちゃんベルト


妊娠28週頃、ゆったりした服を着ていてもお腹が目立つようになり、歩き方もガニ股?になり、周りから妊婦らしいと言われることが増えました。
屈むことがしんどくなり、立ったまま靴下を脱ぎ履きできなくなり、和式のトイレもお腹が圧迫されるので使えなくなりました。
腰痛も続いているので助産師さんに相談したところ、お腹が前にドーンと出ていてつい背中を反らしてしまう姿勢にも問題があると指摘されました。そこで、正しい姿勢をキープするために仕事中はドーナツ型のクッションを使っていました。
骨盤を正しい位置に保つためにトコちゃんベルトも使い始めました。

私は骨盤がグラグラするため助産師にすすめられたトコちゃんベルトⅡのLサイズを使っています。

生理痛?下腹の鈍い痛みは切迫流産の兆候?

妊娠30週を過ぎた安心感からか上の子と久しぶりにお散歩に出かけました。ゆっくり歩くつもりでしたが元気いっぱいの4歳児、テンションが上がるとどんどん歩いて行ってしまい、結局早足で1時間以上も歩いてしまいました。 その夜、生理痛のような下腹の鈍い痛みがあり、歩きすぎたことを後悔しました。横になって痛みが治まることをひたすら祈りました。その日はそのまま寝ることができ、次の日の朝には痛みはなかったため安心しましたが、妊娠37週までは動きすぎないように気をつけようと反省しました。

◆他の妊娠記録記事はこちら◆

◆出産レポート◆

コメント