【32週,33週,34週,35週】二人目妊娠9か月の体重と健診の記録

妊娠
この記事は約5分で読めます。

仕事をしている場合、妊娠9か月は産休に入りますね。出産に向けて入院準備や赤ちゃんを迎える準備など、することがたくさんある時期でもあります。
そんな2人目妊娠9か月の体重の変化や健診の記録、増えてきたマイナートラブルをまとめました。

妊娠9か月のお腹の変化


妊娠9か月の32週と35週の横から見たお腹を比べてみると、4週間でお腹がさらにドドーンと前に張り出すように出ています。

妊娠9か月の体重の変化


産休入りで気持ちが緩んだのか、妊娠34週まで体重が一気に増えてしまいました。さすがにまずいと妊娠35週では外食や間食を減らすことで若干減らすことができました。妊娠9ヶ月末の時点で、妊娠前から約7.5キロプラスでした。

妊娠9か月の妊婦健診の記録

妊娠9か月では妊娠33週と妊娠35週に妊婦健診を予定していました。

妊娠33週目、流れ作業のような健診

健診時に測定した血圧、体重、赤ちゃんの推定体重は以下のとおりでした。

血圧 108/62
体重 60.5kg(妊娠前から+7.5kg)
赤ちゃんの推定体重 1978g
赤ちゃんの体勢 頭位

健診は経腹エコーと内診でした。
この日は特に待ち時間が長く、先生も疲れているのか機械的な対応でした。途中じーっと長いことモニターを見ていたので気になったのですが、特に説明もなく2週間後にまた来てくださいと流れ作業のように言われてしまいました。

助産士相談の記録、バースプランや乳頭マッサージの仕方など

定期的にある助産士相談ではバースプランについて話をしました。立ち会い出産を希望していることを伝えると、上の子は分娩室には入れないので、夫以外に見てくれる人(おじいちゃんやおばあちゃんなど)がいない場合は立ち会い出産はできないので、気をつけてくださいとのことでした。
また乳首の柔らかさを見てもらうと、白いカスのようなものがあるため、オイルで10~15分程度パックをする、優しく乳頭マッサージをすると良いとアドバイスをもらいました。

妊娠35週目の妊婦健診、娘の看病で初めて健診をキャンセル

本当ならば2週間に1回の健診があるはずでしたが、娘が発熱したため急遽キャンセルしました。次の日に変更しても良かったのですが、熱が下がる保証もなかったため、1週間後の36週に予約を取り直しました。妊婦健診をキャンセルしたのは初めてのことだったのですが、夕方、助産士さんがわざわざ電話をくれて私の様子や娘の発熱についてもアドバイスをくれました。手厚いフォロー体制があると分かって安心しました。

妊娠9か月のマイナートラブルまとめ

妊娠9か月に入り、マイナートラブルがますます増えました。その症状をまとめました。

お腹が波打つくらいの激しい胎動と尿意

赤ちゃんは妊娠9か月に入ってからますますよく動くようになり、ときどきすごい勢いでボコボコとお腹を蹴られるようになりました。服の上からでもお腹が波打っているのが分かるほどの激しい胎動です。元気に成長してくれている証だと思って嬉しい反面、寝ているときに下腹あたりを蹴られると凄まじい尿意に襲われるのでトイレの回数が増えてしまい、多いときでは1晩で7回もトイレに行く日もあり、かなり寝不足になりました。蹴った瞬間にちょびっとおしっこが漏れてしまうこともしばしばありました・・・。

歩けないほどの股関節痛と恥骨痛

歩けなくなるほどの股関節痛や恥骨痛を感じることが度々ありました。座っている状態から立とうとすると股関節と恥骨の痛みにバランスを崩しそうになることもありました。特にお散歩に行った日や、お出かけした日の翌日に痛みがひどくなる気がするので歩きすぎが原因だと思い、なるべく座ったりして休憩を挟むように気をつけていました。

下腹部の鈍痛と軽い生理痛も継続

妊娠8か月頃から感じていた下腹部をぐいぐい押されるような鈍痛や軽い生理痛もときどき継続して感じていました。立っているときや歩いているときよりも座っているときに感じることが多かったです。痛みは数秒~長くても数十秒ほどで治まりました。

妊娠9か月、少し早めの産休入り

少し早めの妊娠32週から産休に入りました。出産後は赤ちゃんのお世話と上の子のフォローで仕事以上に忙しくなることが予想されるので、ゆっくり自分を労われるのは産前休暇の間だけ。待ちに待った念願の産休入りです。産休中は平日ランチを楽しんだり、家族旅行に行ったり、やりたいことがたくさんあります。(こちらの記事で詳しく書いています。)
 仕事をしている間は毎日バタバタでしたが、産休に入ってからは、娘とゆっくり朝ごはんを食べて、のんびりスーパーにお買い物に行ってご飯を作って、夜も「早く寝なさーい!」と鬼になることなく、「ま、いっか♪」と一緒に夜更かしして布団に入る、夢のような生活を送っています。そして母親が気持ちにゆとりを持っていると娘も嬉しそうなのが印象的です。

妊娠35週目、陣痛?前駆陣痛?

妊娠35週目頃、我慢できるくらいの軽い生理痛を規則的に感じる日が2~3日続きました。「いやいやまさか~」と思いながらも念のため感覚を測ると15分間隔。ビビリながらもいつもどおり夜ご飯を食べると痛みはなくなりました。とりあえず安心しましたが娘と二人っきりだったので、夫と父母にいつでも連絡がつくように日中と夜間の連絡先を再確認しました。

まとめ

妊娠9か月は産休に入って生活が楽になり、体は重いものの入院準備や家族旅行など色んなことをしました。一方で、マイナートラブルや前駆陣痛もありいよいよ出産が近づいてきていると感じました。

◆こちらもどうぞ◆

コメント