【第2子妊娠38週】産後に備えておかずの作り置きをした

妊娠

妊娠38週に入ると前駆陣痛もちょくちょくあり、いよいよ出産が近づいていることを感じてます。里帰りはしない予定なので、産後の生活で一番困りそうな毎日のご飯作りは冷凍の作り置きをたくさん作ってストックしておくことにしました。

◆関連記事

【備忘録】2人目産休中にしたいこと11個
仕事と育児と家事と目まぐるしい日々を送っている働くママにとって、ゆっくり過ごせる産休中は頑張ってきた自分へのつかの間のご褒美時間。そんな産休中にしたいことを自分の備忘録も兼ねてまとめました。 入院準備 妊娠中は何が起きるか分からない...

冷凍おかずの作り置き

冷凍おかずの作り置きでは、主にメインとなるおかずを作りました。
理由は主菜さえなんとかなれば、あとは白米とお味噌汁でも作れば乗り切れそうだと思ったからです。以下のおかずを作りました。

冷凍作り置きおかず1:ハンバーグ

大人も子供も大好きなハンバーグはすぐ食べれるように焼いてから冷凍することにしました。ハンバーグソースも多めに作っておきました。冷凍保存バッグに広げて冷凍して、使うときは使う分だけ折って使おうと思います。こうすればレンチンだけでハンバーグが食べれるので赤ちゃんがグズってもなんとかなりそうです。

冷凍作り置きおかず2:ミートソース

ミートソースは家族3人が3回分食べれる量を作りました。こちらも完全調理済みのものを冷凍します。1人で食べるときはハンバーグソースと同じように、使う分だけ折って使おうと思います。パスタを茹でている時間はタイマーをつけて放ったらかしで大丈夫なので、授乳している間にパスタを茹でて、レンチンでミートソースを温めれば1人ランチを乗り切れるかなぁと想像しています。

冷凍作り置きおかず3:クリームシチュー

クリームシチューは夕食用に作ったので、冷凍用に回せたのは1回分だけでした。ですが、煮込み系はどうも冷凍して解凍するとパサパサになって食感が悪くなるので、少なめに作って様子を見ようと思います。

冷凍作り置きおかず4:牛丼の具

牛丼の具は生の牛肉と玉ねぎ、人参を保存バッグに入れて調味料を揉み込んだ半調理の状態で冷凍します。食べるときは使う分だけ折って出して、小鍋で温めて食べます。

市販の牛丼の具も温めるだけで食べられて良さそうなので使い切ったら検討しようと思います。

作り置きおかず以外に準備したもの

作り置き以外にもさっと食べれるものをいくつか準備しました。

準備したもの1:塩鮭

焼くだけで食べれる塩鮭を多めに買って冷凍しておきました。

楽天市場のこちらのお店の天然紅鮭を買いました。塩気が強すぎず、臭みもないのでお気に入りです。

用意したもの2:ビーフン

こちらはレンチンだけで食べられるビーフンです。前からずっと気になっていたので買ってみました。1人でささっと食べたいときに使おうと思います。

用意したものその3:冷凍うどん

1.2キロも入って500円、しかも送料無料に惹かれてポチってしまいました。困ったときはこれを食べて乗り切ります。

これから準備したいもの

まだ準備できていませんが、時間があれば以下のものも作りたいと考えています。

  • たらの切り身の味噌漬け
  • ブリの照り焼き(半調理)
  • 冷凍副菜(ひじきの煮物、きんぴら)

まとめ

ご飯の準備がある程度できているだけで気持ちに余裕ができるのは私だけでしょうか?お部屋が多少汚くても洗濯物が溜まっていてもさほど気にならないのですが、ご飯だけは準備ができていないとどーしようどーしようと慌てて余裕がなくなってしまいます。しかも急いで作ったご飯は大抵失敗する・・・。という訳で出産までにしっかり準備をしておきたいと思います。

コメント