前駆陣痛ばかりだった第2子出産レポート2(予定日超過〜出産)

妊娠

前駆陣痛ばかりで予定日を過ぎてもまだ産まれる気配のない赤ちゃんを待つこと3日。40週2日目にようやく陣痛が来て出産に至りました。そんな第二子出産の記録です。

40w1d
19:00 お風呂でお腹が苦しいほどパンパンに張る(痛みはなし)
21:30 お腹の痛み 15分間隔
我慢できる痛さ 継続時間10〜20秒
23:00 お腹の痛み5分間隔
強い波と弱い波がある
24:00 3回ほどトイレに行き 痛み遠ざかる

40w2d
8:00 おりもの混じりの出血あり 薄いピンク色
白いべったりした多量のおりもの
お腹の痛みはなし
歩くと恥骨がヒリヒリ痛い
なんとなくそろそろ産まれそうな予感がする

11:00
妊婦健診 子宮口3cm
NST 胎動あり、お腹の張り3〜4回
まだ赤ちゃんが本気出してないと言われる

16:30
歩いて保育園のお迎えに行く
15分間隔のお腹の痛み 我慢できる
痛みは5〜10秒ですぐ治る
歩いてると分からないくらい

18:00
白いべったりした大量のおりものと少量の鮮血の出血
夜のお散歩で公園へ行く
7分〜13分間隔のお腹痛み 我慢できる
痛み10秒程度 強い波と弱い波がある

18:30
さらに歩いてスーパーへ行く
4〜6分間隔のお腹の痛み 強くなる
痛み 20〜30秒 波が来ると動けない
夫に連絡して帰ってきてもらう

19:00
お風呂に入って様子を見る
4〜5分間隔のお腹の痛み 湯船に浸かってても弱くならない
波が来ると息を長く吐いてやり過ごす
痛み  30〜40秒
夫帰宅 すぐ出発準備をする

19:20
波と波の間になんとか晩ご飯を食べる
食べたら痛みが遠ざかるかも?と思いきやならない 途中で中断してすぐ病院へ向かう

20:00
車の中で病院へ連絡
波が来るとかなり痛いがまだ偽陣痛を疑う
4〜5分間隔

20:30
病院に到着
受付から病棟まで歩く間にかなり痛みが強まる 波の間は普通に話せる

20:35
産科病棟に到着 内診室前のソファに座って待つように言われる
先に産まれた赤ちゃんがいて祖父母や関係者でソファに座れず
手すりにもたれて波をやり過ごす
「かなり辛そうですね」と助産師さんが腰をさすってくれる

20:45
分娩室で内診 子宮口6cm かなり柔らかい
「子宮口全開(10cm)まであと半分もありますね」と助産師と話すまだ余裕がある

21:00
1〜3分間隔 痛みがかなり強くなる
痛みの波が来ると恐怖で自然と声が出る
ヤダヤダ いたいいたい を連呼する

21:20
とにかく痛い波が連続でやってくる
マックスで痛い時は自然といきんでしまう
助産師さんたちが「もう産まれます」「早い」と言う声が聞こえる

21:25
担当医師が到着
痛みで意識朦朧としながらもなんとか挨拶する

21:30
破水 プツという音と生暖かい水がじわーと流れ出るのが分かる
痛くなったらいきんでいいよと言われる
波のピークに2、3回いきむ

21:33
最大級の痛みが来て無我夢中でいきむ
お尻の穴が「メリッメリメリッ」と裂ける感覚
赤ちゃんが回りながらズルりと出るのを感じる
「産まれましたよ」と助産師さんがいう声が遠くで聞こえる
無事に出産

病院に到着してから1時間で出産するという超スピード出産でした。1ヶ月以上も前駆陣痛に惑わされ、また間違いかも?遠ざかるかも?とギリギリまで普通に過ごしていました。

●本陣痛と前駆陣痛の違いについて
私の場合、始まりは本陣痛も前駆陣痛も同じ痛みで違いが分かりませんした。前駆陣痛はお風呂に入ったりご飯を食べたり寝ると痛みが遠ざかるのに対し、本陣痛はどんどん痛みが強くなるのが特徴でした。フライングして入院したこともあり、本陣痛時の病院への連絡が遅れてしまいバタバタの出産になってしまいました。

●第二子出産レポート記事

前駆陣痛ばかりだった第2子出産レポート1
待望の第2子出産ですが、経産婦ということもあり病院からはお腹が痛くなったら早めに連絡するように再三言われていました。意識しすぎているのか妊娠35週頃から頻繁にお腹の張りや生理痛のような痛みを感じるようになりました。少し休めば落ち着くことが...
前駆陣痛ばかりだった第2子出産レポート3(産後〜入院中)
無事に次女の元気な産声を聞いてひと安心したのも束の間、病院での新生児との生活が始まりました。長女のときに一通り経験しているのでスムーズにいくかと思いきや、兄弟でも違うことが多く、「これ何、大丈夫?!」と不安になることが度々ありました。この...

 

コメント