前駆陣痛ばかりだった第2子出産レポート3(産後〜入院中)

妊娠
この記事は約8分で読めます。

無事に次女の元気な産声を聞いてひと安心したのも束の間、病院での新生児との生活が始まりました。長女のときに一通り経験しているのでスムーズにいくかと思いきや、兄弟でも違うことが多く、「これ何、大丈夫?!」と不安になることが度々ありました。この記事ではそんな出産後の入院中の生活についてまとめます。

産後0日目(入院1日目)のママと赤ちゃんの様子

●ママの様子
・出産後すぐにカンガルーケアをする
・母乳はまだ出ない
・ポタポタと出血が続く
・恥骨がヒリヒリ痛む
後陣痛で下腹~お尻がひどく痛む
 →痛み止めのロキソニンをもらう
・産後2時間はベット上で安静に過ごす
・尿意はあるがおしっこが出ない
 →スピード出産の場合によくあること
 →水分補給を多めにするようアドバイスをもらう

●赤ちゃんの様子
・上手に乳首に吸い付く
添い乳&添い寝で寝る
 →母親の体で窒息しないようにモニターをつけてもらう
・元気な声で泣く
・爪が長く伸びている
手が冷たい
 →手がおくるみから出てしまうのでよくあること
 →低体温症にならないか注意が必要
 →足や首が冷たくなければ問題なし

産後すぐはミルク?母乳?母乳が出ない場合は・・・?

長女の出産後はすぐにミルクを飲んでいたのですが、次女のときはありませんでした。助産師さんに聞くと、赤ちゃんは産まれる前に胎内で十分な栄養をもらっているので産後1~2日は母乳が出なくても問題ないと言われました。ただよく吸ってもらうとお乳の出が良くなるので、産後すぐから添い寝&添い乳をしました。第二子だからなのか産まれた直後から上手に乳首を吸っていました。

産後2時間はベッド上で安静とのことで分娩台の上で寝ていましたが、その後は1人で立ってトイレに行くように言われふらふらでしたがなんとか1人で歩いてトイレまで行けました。

産後の後陣痛について

噂には聞いていましたが、長女のときはほとんどなかった後陣痛が次女の場合は出産直後からかなりキツく、下腹~お尻が痛くてベッドの上で大勢をちょっと変えるだけでも一苦労でした。ただ、後陣痛は子宮の収縮を促すものであった方が良いとのことなので、痛み止めのロキソニンをもらい飲むと少し楽になりました。

産後1日目(入院2日目)のママと赤ちゃんの様子

●ママ
・出血は継続
 →内診してもらうとお産で裂けた会陰部の傷口から出血している
→自然と傷口が閉じるくらいの量なので追加の縫合はせずに様子を見る

・まだお腹ぽっこり(5〜6カ月くらい?)

・夜中は1時間おきの頻回授乳
・頻回授乳で乳首が切れる
 →乳首保護クリームを使って保湿する
・授乳中は後陣痛で下腹が痛む

●赤ちゃん
羊水をたくさん吐く
 →スピード出産の場合によくあること
 →横向きの体制で固定して様子を見る
 →5~6時間ほどで落ち着く

・黒緑色で海苔みたいなべっとりとした胎便が出る
 →生後しばらくはよくある
 →ミルクや母乳を飲むようになると自然となくなる
 →産後4日目になくなる

・ねむりが浅く少しの物音ですぐ起きる
 →20mlミルクを足す

産後1日目、赤ちゃんが嘔吐?!ねむりが浅いときは?

赤ちゃんの気になったこととして、ゲホゲホとお水のようなものをよく吐くことがありました。心配して助産師さんに聞いたところ、羊水を吐いていると言われ、スピード出産の場合にままあることなので、吐ききるまで横向きにして様子を見ることになりました。はじめは心配でしたが、数時間経つと収まりました。しかし吐くのが収まると今度はねむりが浅く授乳して寝たと思っても少しの物音ですぐに目覚めて泣き出してしまうため、私の体を休ませるためにミルクを少し足してもらいました。

産後1日目、頻回授乳で乳首が切れた!!対処法は?

産後1日目は傷口のヒリヒリとした痛みと後陣痛、頻回授乳でほとんど眠れませんでした。まだ母乳は出ていないものの赤ちゃんはよく吸いついてくれました。おかげですぐに乳首が切れて血豆ができてしまい、授乳のたびに激痛でした。慌てて乳頭保護クリームを買ってきてもらいました。私が使っているのはランシノーというものです。授乳後に毎回しっかり塗って保湿することで1日経つと傷はかなり良くなりました。ひどい場合はラップでパックすると更に治りが早いそうです。

産後1日目、胎便って何?オムツかぶれの対策は?

また、赤ちゃんの便が海苔のような緑がかった黒色でベッタリとしているのにもびっくりしまた。聞くと「胎便」と言われるものでしばらくすると治るとのことで様子を見ていたところ、退院する産後4日目になってようやく普通の便が出るようになりました。胎便はかなりネバネバしていて、お尻ふきだけではなかなかきれいに取れない上にお尻かぶれも気になったので、助産師さんに相談したところ、清浄綿にお水を含ませたものを便がついた箇所にベタっと貼り付けて、便をふやかしてからお尻ふきで拭き取ると良いとアドバイスをもらいました。この方法だと赤ちゃんのお尻をこすることなくきれいにしてあげられるので、胎便が治まった後もうんちは毎回この方法で拭くようにしています。

うちではこちらのベビーコットンをうんちの度に3~4枚ほど水に含ませたものでお尻を洗うようにしてからおしりふきで拭き取っていいます。夜間のおむつ替えは水をこぼしてしまいそうなので、水だけコットンを使っています。

今は使っていませんが、長女のときもおむつかぶれで散々悩んでいて、その時はこちらのお尻シャワーを使っていました。お尻に直接お水をかけてからおしりふきで拭き取るものです。

産後2日目(入院3日目)のママと赤ちゃんの様子

●母親
・便意はあるがなかなか出ない
 →便を柔らかくする薬(マグミット)をもらう
・母乳が出始める
・おっぱいが張って首や肩が凝る
・食欲旺盛
 →授乳後に毎回1杯の牛乳またはお水を飲む

●赤ちゃん
・顔、首、胸、お腹に赤い斑点ができる
 →中毒疹という生理的なもの
 →お薬は必要なく様子見でよい
・便が出ると大泣きする
・聴力検査を受ける
・夜は1時間おきの授乳
・体重は減少

産後2日目、中毒痣って何?お薬は必要?

産後2日目になると、赤ちゃんの体のいたるところに赤い斑点のようなものができていました。ちょうど聴力検査で小児科の先生に診てもらえる日だったので聞いてみると「中毒疹」という生理的なもので自然に治るためお薬などは必要ないとのことでした。

産後3日目(入院4日目)のママと赤ちゃんの様子

●母親
・退院診察&退院指導
風疹のワクチン接種
 →全国的な流行でワクチンの在庫がないため延期
体重→59.5kg(出産後から−3.5kg)

●赤ちゃん
・沐浴指導あわあわ沐浴
体重は減少しているものの減り方は緩やかになっている

産後3日目、風疹ワクチンがない?!

妊娠中の検査で風疹の抗体の値が低いと指摘を受けていて、産後にワクチンを接種する予定でしたが、全国的に大流行していてワクチンの在庫がなく、延期になりました。医師に確認したところ、すぐに次の妊娠を考えていないのであれば特に問題はないので、流行がひと段落する春以降もしくは次の妊娠を考えたときに相談してくださいとのことでした。

産後3日目の気になる体重は?お腹はまだぽっこり?!

産後3日目のお腹。まだまだぽっこり。。。

この日、産後初めて体重を測りましたが、3.5キロしか減っていませんでした。これにはかなりびっくりして思わず体重計の上で「えー!!」と言ってしまいました。これでは赤ちゃんの体重の分しか減っておらず、他にも羊水や胎盤もなくなっているはずなのに…と絶句していると、「産後は体がむくみやすいので体重はあまり減らないんです」と助産師さんに言われました。出産前の体重に戻るにはあと7キロも減らさなくてはいけません…。

産後3日目、赤ちゃんの沐浴指導、あわあわ沐浴って?

産後3日目に赤ちゃんの沐浴指導を受けました。長女のときは普通の沐浴でしたが、今回入院した病院ではあわあわ沐浴という、赤ちゃんの全身を泡で包むように洗う沐浴の仕方を教えてもらいました。普通の沐浴に比べて泡で全身をよく洗って、すぐ保湿することで乳児湿疹の治りが早いとのことでした。

[あわあわ沐浴・もちもち保湿♪]ママ&キッズ ベビーラインで赤ちゃんの沐浴・スキンケア
かなり斬新なあわあわ沐浴

家に帰ってからもこのあわあわ沐浴を続けています。ただ季節が冬ということもあり赤ちゃんの体が冷えそうなので、泡で洗う前にベビーバスにお湯をためて5分ほど浸からせてから泡で洗うようにしています。

保湿は馬油のベビーオイルと長女にも使っているパックスベビーのボディクリームを混ぜて全身に塗っています。クリームだけだと塗りムラができそうなのと、オイルの方が手早く塗れるからです。湿疹ができることもありますが1~2日できれいになくなるので継続しています。

産後4日目(退院日)のママと赤ちゃんの様子

●赤ちゃん
・退院診察
体重はわずかに増加

産後4日目は赤ちゃんの退院診察がありました。産後からずっと減り続けていた体重がほんのわずかですが増加し、問題なく退院できることになりました。

産後4日目、新生児の赤ちゃんが泣き止まない!どうする?

退院するにあたって、お家での生活で不安に思っていることとして、赤ちゃんが泣き止まないときの対処法を助産師さんに聞いたところ、母乳で育てる場合「とりあえず泣いたらおっぱい」で良いとのことでした。あげすぎにならないか心配でしたが、赤ちゃんのの飲む量はまだムラがあり、おしっこやうんちでもすぐにお腹が空くことがあるため、「1日〇回」とか「次の授乳までに〇時間空ける」とかあまり神経質にならず、どんどん母乳をあげて大丈夫です!と言ってもらえたので、少し気持ちが楽になりました。

●第二子出産レポート記事

前駆陣痛ばかりだった第2子出産レポート1
待望の第2子出産ですが、経産婦ということもあり病院からはお腹が痛くなったら早めに連絡するように再三言われていました。意識しすぎているのか妊娠35週頃から頻繁にお腹の張りや生理痛のような痛みを感じるようになりました。少し休めば落ち着くことが...
前駆陣痛ばかりだった第2子出産レポート2(予定日超過〜出産)
前駆陣痛ばかりで予定日を過ぎてもまだ産まれる気配のない赤ちゃんを待つこと3日。40週2日目にようやく陣痛が来て出産に至りました。そんな第二子出産の記録です。40w1d 19:00 お風呂でお腹が苦しいほどパンパンに張る(痛みはなし...

コメント