5歳の長女が自転車に乗れるようになるまで

未分類
この記事は約6分で読めます。
ぽっち
ぽっち

自転車に乗れるなんて成長したな

こんにちはぽっちです。
我が家の長女、5歳になって自転車に乗れるようになりました。

今日は長女が自転車に乗れるようになるまでを振り返ってみたいと思います。

2歳半から始めたペダルなし自転車

2歳半、キックバイクに乗る娘

2歳のクリスマスにペダルなし自転車をプレゼントしたのがきっかけでした。

はじめは乗り方がよく分からず、すぐに転けてしまうので、何ヶ月もお蔵入りになっていたこともありました。

上手に乗れないうちは後ろから大人が一緒にサドルを持ってフォローしながら公園で練習しました。

ペダルなし自転車といえばストライダーですよね。でもストライダーはカッコいいけど、スピードが出過ぎて怖いと思ったので、ストライダーよりも小さめで、後ろの車両が二輪になっていて安定間のあるものを選びました。


キッズバイク ペダルなし自転車 子ども用自転車 キックバイク バランスバイク ランニングバイク 乗用玩具 軽量 おしゃれ ペダル付き 子供用 幼児用 2歳~4歳 男の子 女の子 トレーニングバイク お祝い 誕生日 プレゼント クリスマス (白)

3歳で上達して毎日乗り回すように

左右確認をする夫と娘(3歳)。

3歳になるとコツを掴んでどんどん上達しました。大人がフォローしなくてもひとりで上手に乗れるようになり、公園以外でも乗るようになりました。

本人も乗ることが楽しいようで土日や保育園から帰った後など、日乗るようになりました。

道路では「止まれマークがあったら止まってね〜」「右と左を見てから行くよー」と一時停止を教えたり、一緒に左右確認をしたり、少しずつ交通ルールを覚えてもらうように声かけをしました。

3歳半、スピードに慣れて危険も増すように

3歳半になるとすっかり慣れて坂道で勢いをつけてスピードを楽しむようになりました。

平らな道でも足を交互に強く蹴って速いスピードでどんどんひとりで行ってしまうので追いかけるのが大変になりました。

基本的に娘は慎重派でガンガン行くタイプではないのですが、この頃はペダルなし自転車の扱いに慣れて危険を楽しんでいる感じで、危なく思うことが何度かありました。

一方でやりたい気持ちも尊重したいので、緩やかで長い坂道を探して、上に夫、下に私がついて「行っておいでー」と思う存分スピードを楽しんでもらうようにしたり色々と工夫しました。

最近ではペダルなし自転車の事故が増えてるようなので、大人がしっかりついて目を離さないことが大切だと思います。

自転車に乗る前の幼児がバランス感覚を養える遊具として人気です。ただし、ペダルがなく、ブレーキもないものがほとんどのため、思わぬ転倒等による事故が増加傾向にあります。消費者庁には、ペダルなし二輪遊具に関する7歳以下の事故情報が平成22年12月から平成30年度末までに106件寄せられています。事故発生場所別に見ると、一般道路での事故が半数近くを占め、公園内も含め坂道で発生している割合も5割以上でした。「道路で使用しない」、「ヘルメットを着用する」ことはもちろん、「坂道では乗らない」、「子どもだけで遊ばない」といった点にも注意しましょう。また、「使用する前に緩みがないか確認する」、「点検や自転車に変える際には、必要に応じて自転車専門店に依頼する」ようにしましょう。

消費者庁ホームページより抜粋 https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_021/

三輪車は保育園でいつの間にかマスター

我が家には三輪車はありませんが、保育園にあり、みんなで遊んでいるうちに気づけば乗れるようになっていました。外遊びをたくさんさせてくれるので、園庭の広い保育園に決めて良かったなと思います。

4歳の誕生日に自転車をプレゼント

補助輪のある自転車は重くて漕ぎにくい。

ペダルなし自転車が上手になったので、4歳の誕生日に自転車をプレゼントしました。

プリンセスが大好きな娘はハートやキラキラがたくさんついたピンクの自転車を選びました。

補助輪付きなのではじめから上手に乗れていました。

ただ乗り慣れたペダルなし自転車に比べて、補助輪付き自転車は大きくて重いので、思うように進まず、結局メインはペダルなし自転車によく乗っていました。

4歳半を過ぎて体力がついてからは自転車での行動範囲が広がりましたが、やっぱり補助輪かあることで乗りにくさを感じているようでした。

何度か「補助輪外す?」と聞きましたが、そこは慎重派の娘なので、転ぶのが怖くて拒否されました。

4歳の育児が楽になったと思うこと4つ
昼夜問わず泣いてばかりだった娘も4歳になり、赤ちゃんの面影はすっかりなくなりました。この記事では、そんな4歳娘の育児が楽になったと思うことを紹介します。身の回りのことがひとりでできる4歳になると、食事、着替え、洗顔、歯磨き、お風呂、ト...
【産褥期の室内遊び】4歳女児とレゴのシンデレラ城を作って遊んだよ!
産後6~8週間は産褥期で基本的に外出ができません。上の子がいる場合、ずっと家の中で遊ぶのはなかなか大変ですよね。この記事では、私が第2子出産後の産褥期に室内遊びで活躍したレゴディズニーのシンデレラ城を作って遊んだ内容を紹介します。...
4歳女児のできること5つ
こんにちは、ぽっちです。今日は4歳長女の成長記録です。4歳になってからお友達と仲良く遊べるようになり、ケンカしても子ども同士で仲直りしたりと社会性がメキメキと向上しているなぁと感じます。運動面でも体力がついて鉄棒やアスレチックなど色々...

5歳、補助輪を外してコマなし自転車に挑戦

娘5歳で自転車に乗れるようになりました。

保育園のお友達が「もうコマなし自転車乗れるよ!」と言っているのを聞いて自分もやってみたくなったようで、お誕生日を機に補助輪を外すことにしました。

始めは恐る恐る、ペダルなし自転車の要領で足で地面を蹴って進んでいました。

何度かペダルに足を乗せて漕ごうとしましたが、転んでしまい、それ以来めっきり自転車に乗らなくなってしまいました。

慎重な娘は極端に失敗を恐れるので1度の失敗で心が折れるとしばらくやらなーいとあることがよくあります。そんなときは無理に誘わずそっと見守ることにしています。急がば回れの心境です。

そんなある日、「ママはどうやって自転車に乗れるようになったの」と聞かれたので、

(じぃじ)お父さんに後ろから持ってもらって練習したんだよ

と言いました。

やってあげようか?

と言いましたが、

やだー怖いー

と言ってまた拒否されました。その日はペダルに足を乗せることなく終わりました。

そんなこんなで補助輪を外してから2ヶ月が経った頃、久しぶりに自転車に乗っていた娘がペダルに足を乗せて頑張っていいたので

後ろ持ってるから足を乗せて漕いでみてー

となんとなくやってあげたら、

こわいこわい~。」

と騒いでいましたが、やめてーとは言われず、10メートルくらい私が後ろから支えて進むことができました

この時の感覚が良かったようで、そのしばらく後で突然、ひとりでペダルを漕いで進めるようになりました

ええええええー!!

と私も娘も驚くほどあっけなくできるようになりました

どうやら娘の場合はペダルなし自転車でバランス感覚は完璧だったものの、慎重派な性格なので(しかも一度転んでいる)、ペダルに足を乗せて勢いよく漕ぐ、というはじめの一歩が難しくてできなかったようです。

その後、勢いをつけて漕ぎ出すことに成功してからはスイスイ進めるようになり、あっという間にコツを掴んで上手に乗れるようになりました

まとめ

娘が自転車に乗れるようになるまでのステップをまとめました。

慎重な娘が自転車に乗れるまで
  • ペダルなし自転車でバランス感覚を養う
  • 補助輪つきでペダルの感覚に慣れる
  • 漕ぎだしの一歩目を支えてフォロー 

我が家の場合は、補助輪付き自転車を買ってから1年以上かかってようやくひとりで自転車に乗れるようになりました。振り返ってみるとやっぱりペダルなし自転車を乗り回してバランス感覚を養っていたことが大きかったように思います。

乗れるようになるまで長かったですが、初めて乗れたときの娘の嬉しそうな顔を見て、できた!やった!の成功体験をもっともっとさせてあげたいなと思いました。

あとこの記事を書きながら、小さかった娘が大きくなっていく様子に成長を感じてなんだかほっこりしました。

コメント